ESG投資の拡大が意味するもの

7月3日、GPIFが日本株の3つのESG指数を選定し、同指数に連動したパッシブ運用を開始したことを公表しました。
http://www.gpif.go.jp/operation/pdf/esg_selection.pdf

ESG評価の高い銘柄を選別するポジティブ・スクリーニングで、当初は国内株全体の3%程度、約1兆円で運用を開始するとのことです。国際比較でもネガティブ・スクリーニングが大半を占めるなか、GPIFの役割を踏まえた社会的価値の高いチャレンジと評価したいと思います。

企業が社会や環境の課題解決とビジネスの成功を結び付け、Win-Winの経営戦略を実践することをCSR(企業の社会的責任)といいます。こうした経営は政府の負担能力を補完し、社会の持続可能な成長を支える重要な役割を担います。このCSRが成立するためには、市民が倫理的な消費行動をとること、並びに投資家が倫理的な投資行動をとることが必要条件となります。

環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の要素に配慮したESG投資は、CSR(企業の社会的責任)と深く繋がり、建設的で有効な事業活動に中長期的な資金を提供することで、社会の持続可能な成長を財務面から支える働きが期待されます。

慈善活動のCSRを卒業した企業は、こうした筋の良い投資家や消費者からパートナーに選ばれることを目標において、自社をどのように見てもらいたいかをデザインしなおすことが大切です。最初は借り物ですが、お付き合いする方々が変わると企業も変化し、成長・発展の可能性が拡大します。ESG投資の拡大は、企業再生のチャンスと考えてみてください。