離れた場所で働く部下の管理

ある企業のコンプライアンス研修(課長以上)で、離れた場所で働く部下をどのように管理すべきか、質問を受けました。ときどき受ける質問ですので、読者のみなさまにも私の考え方を説明させてもらいます。

大切なのは、一緒に働く部下以上に、すりあわせ、確認、牽制を手厚く行い、管理の死角をできるだけ作らないことだと思います。具体的には、週と月度の行動予定、実績、差異原因、対策をきちんとすりあわせること、並びに申請・報告などの事務品質をサンプルを占めさせてチェックすることが基本だと思います。

漫然と実績の報告を聞き、おつかれさまの一言で済ませる上司がいますが、これでは部下の気が緩みますし、ミスを隠したり、手を抜いたりする不正を誘発しかねません。綿密な報告書や記録の作成を要求して部下がブレる余地を抑制するのが、結果として部下を守ることになります。

ここで気をつけたいのが、非言語コミュニケーションの重要性です。米国の心理学者アルバート・メラビアンの研究によれば、人と人とが直接顔を合わせるコミュニケーションにおいてメッセージに込められた意味・内容の伝達に占める割合は、言語が7%、声のトーン(聴覚)が38%、身体言語(ボディーランゲージ) (視覚)が55%といわれています。

人間のコミュニケーションは、視覚に依存する割合が非常に大きく、電子メール、電話、電子決済では、情報量がかなり減少してしまいます。できるだけ足を運んで直接すり合わせたり、少なくとも映像付の電話で様子を確認しながら話をするのが望ましいといえます。

同じ職場で働く部下は、本人の様子がなんとなくわかりますし、話も自然と聞こえてくる余地があります。でも、離れて働く部下は、それができません。やるべきことをきちんとやってもらうといった厳しい姿勢で牽制し、その反面、仕事の良い部分をほめる、将来の期待を言葉にして伝える等、モチベーションの維持・向上にも配慮するのが、バランスのとれたマネジメントだと私は思います。