自助の心を支える共助システム

2006年、 グラミン銀行 の創始者であるムハマド・ユヌス総裁がノーベル平和賞に選ばれて以来、低所得者層に経済活動資金の借入機会を提供し、仕事や生活の改善を支援するマイクロファイナンスが世界中で広がりました。グラミン銀行は5人一組の連帯責任のグループ貸付制度が成功要因と言われてきましたが、それを制約条件と嫌がる借り手や他の借り手に返済を押しけるタダ乗りなど、マイナス面も指摘されています。

以前、このマイクロファイナンスを調べているときに、江戸時代の二宮尊徳翁が「五常講」という制度を作り、600を超える農村を再建したことを知りました。これは、無利子・無担保で少額融資を行い、返済したあかつきには恩に報いる意味で農民が自主的に2回分多く支払うことを基本としていたそうです。返済された資金は他の農民に貸し付けられ、融資を受けた農民も劣等感を抱くことなく、自立と労働に向けたモチベーションを維持できる仕組みになっています。もちろん、尊徳翁は自ら報酬を受けることはありませんでした。

この「五常講」の一つひとつが実に人間共同社会の核心をついており、私たちが見失った大切なことを再認識させてくれます。五常講は、多少でも余裕があれば困っている人のために資金を差し出すことを「仁」、借りたお金は必ず返すことを「信」、借りたお金は自主的に正しく返済することを「義」、返済したら感謝を冥加金や貸付金などの行動で示すことを「礼」、どうすれば迅速確実に返済できるか工夫することを「智」の五つのルールで運営されたそうです。

まさに、「道徳なき経済は罪、しかし経済なき道徳は寝言」という尊徳翁の現場主義を具現化した仕組みですが、ここで大切なのは、共助システムが成立するには、ベースに自助の心と道徳が必要ということではないでしょうか。冒頭のマイクロファイナンスが増えると、金利競争や不正融資が増えるでしょう。また、NGO、ボランティアなど共助システムを運営すると、やってもらって当たり前、配分が不公平、と不平不満をぶつける被支援者が現れ、運営側を困らせることがあります。せめて自分たちができることは自分たちでも手伝うといった非支援者が多い活動は、建設的で多くの協力者が現れます。

尊徳翁の五常講は日本的な感覚がもとになっているものの、人間社会のルールとして普遍性が感じられます。社会保障制度を中心に限られた社会資源で公助や共助のシステムを再構築する時代を迎えるにあたって、こうした自助の精神と道徳をどのように考えていくか、我々は大いに参考にすべきではないでしょうか。