新元号・令和スタートの報道に触れて

新元号・令和のスタートに際し、多くのメディア報道や街頭インタビューで、「平成は災害が多かったので、安寧な時代となって欲しい」との声が聞かれました。多くの人々が新元号をひとつの「時代」の単位と感覚的に捉えていること、算盤の「ご破算で願いましては」の如く「仕切り直し」の意識が強いことに私は驚きました。

戦後、法律上の根拠なく公文書等に元号を使用続ける状態が続き、天皇が交代した後も元号を使い続けるのかどうかを明確にする必要が生じたため、1979年(昭和54年)に元号法が制定されました。この元号法では、元号は政令で定めること、元号は皇位の継承があった場合に限り改めることの二点だけが決められています。元号とは何かという定義や解釈はありません。

当時は天皇制や自衛隊の議論自体に反対・抗議が集まる雰囲気でしたので、旧皇室典範で決められた事項など天皇制の本質にかかわる議論は政治的に避けざるを得なかったのでしょうか。ただ、元号法の審議過程をWebで追いかけてみると、日本国憲法に立脚した象徴天皇制に振り切ったわけでもなく、日本は天皇の国であるという旧来の考え方を堅持したい考え方も一部の方々にあったように読み取れます。

君主(皇帝、天皇、国王)の在位中には元号を変えない方式を「一世一元」といいますが、 日本が導入したのは明治以降で、それまでは大きな災害が起きると変更したり、先代の元号を継続したりすることもあったそうです。元号が天皇と共に生まれ、天皇とともに終わるのは、日本古来の伝統という解説も耳にしましたが、それほど古くからの明確な決まりではないようです。

そうした宙ぶらりんの状況で、新元号・令和を次の「時代」と捉える社会の共通理解が自然発生的に報道されたことを面白く感じました。専門家が登場して元号の歴史的意味や目的を解説するまでもなく、同じ方向で表面的な記号にイベント化してまうところが現代の日本社会の「軽さ」や「怖さ」といえるのではないでしょうか。

それ以上に私が興味を感じたのは、上皇・上皇后への感謝とともに、平成の出来事を清算し、新たなスタートとする報道やインタビューが多かったことです。歴史や伝統、過去からの反省と学び、といいながら、日本の社会はそうした地道な努力にエネルギーを注ぐのが嫌いで、そのときの空気感やムードで適当に動いてしまう子供っぽい性格を抱えていると私は感じています。

例えば、上皇・上皇后や天皇・皇后が心血を注いでこられた災害被害者の精神的支援など、時間的・歴史的に続いている課題がたくさんあるのですから、「これまでの努力が無駄にならないよう天皇・皇后を中心にして一層の支援に力を合わせたい、それが上皇・上皇后への感謝であり、社会の進歩である」といったコメントがあっても良いはずです。でも、そうした意見はあまり聞かれませんね。

今までの辛いことは忘れて良い時代にしましょうといった極端な報道やインタビューこそありませんが、制度や問題の本質を直視せず、表面的な言葉でわかった気になったり、何とかなるさの楽観論に逃げ込んだりする軽さが鼻についてなりません。このブログでなんども触れましたが、平成の30年間は昭和後半に気付いた社会構造の変革対応に蓋をしてきた失策の時代でした。お祭りムードはそろそろ終わりにして、脇を締めた将来論に移って欲しいと希望します。