巧詐は拙誠に如かず

GW中なので少し軽めのエントリーにします。年齢を重ねると説教が多くなって嫌がられるのですが、自分の足りなさを振り返ると、なるほど昔の人は適切な教えを残してくれたのだと納得します。タイトルの古語「巧詐は拙誠に如かず」は最近はあまり耳にしませんが、韓非子(説林上)に登場する有名な言葉です。「相手や周囲を巧みに欺くのは成功しているように見えても、つたなくても人間の素直な感情に根差した誠実な行動にはかなわない」という意味に解されます。では、この古語の全体を紹介します。

魏の将軍楽羊が中山を攻めました。中山の君主は人質に取った楽羊の子を煮殺してスープにして楽羊に送ったところ、 楽羊は自陣でこれを一杯食べ尽くしました。 魏の帝である文侯が 「楽羊は私のために我が子の肉を食って戦意を示しくれた忠臣だ」 といったとろ、それを聞いた重臣が 「自分の子でさえ食べるなら、誰の肉なら食べないとは言い切れないでしょう」 と答えました。楽羊は中山から帰還し、 文侯はその功績を称えたましが、楽羊の忠誠心を疑うようになりました。

もう一話。孟孫が猟をして小鹿を捕らえ、部下の秦西巴に持ち帰らせました。しかし、 小鹿の母親があとを追い、悲しげに鳴いたので、秦西巴は憐れんで母親に小鹿を返してしまいました。 やがて帰宅した孟孫が秦西巴に小鹿を求めたところ  「私は憐れんでその母親に返してしまいました」 と返答したので、孟孫は怒って彼を解雇しました。 しかし、その3ヶ月後、孟孫は秦西巴を召し戻して自分の子の教育係に任命しました。 「一度は彼を罰したのに召し戻してお子様の教育係にしたのはなぜですか」 と尋ねる部下に 「小鹿をも憐れむ人間がどうして私の子を大切にしないだろうか」と孟孫は答えました。

この話、忠臣とみられるようにパフォーマンスに走った楽羊は功績があったのに信用されなくなり、 動物の親子の情にほだされた秦西巴は命令違反があったのにますます信用されるようになりました。人の心を繰ったり、自分の立場を守るための言葉は、どれほど立派に見えても、人の心に届きません。これに対し、人間の情や相手への思いやりからの言動は、拙劣に見えても他人の共感を得ます。「巧詐は拙誠に如かず」とは、こうした人間社会の大人の価値観を教える言葉で、政治・行政、企業経営、個人生活のいずれでも大切に守られるべき行動規準だと思います。

私は入院中なのでTV番組もぼんやりながめてますが、若いタレントが大袈裟に褒めるグルメ番組とか、インスタ映えを物事の選択基準におく若い女性の話などに接すると、日本の将来を心配に感じます。食事は自分の体を作るための大事な仕事で、グルメや大食いの「遊び」にしてはいけません。我々は戦後の欧米式栄養学の影響で栄養バランスやカロリーを疑いませんが、本当はその土地に根差した食材で戦前の農家のお母さんが作った食事が一番よいのです。12~15歳くらいまでそうした食事で育てれば、その後はどんな食事をしても健康を害するリスクは低くなると、詳しい方から私は教わりました。私の人生での大いなる反省であります。

かなり私流の拡大解釈ではありますが、  「巧詐は拙誠に如かず」は、もっともらしい表面的な強さや美しさではなく、人間の心に根差す真の価値を共有する重要性を説く言葉と理解しています。表現は拙いけれど誠実さや愛情が伝わる言動、知名度の高いリーダーよりも弱者を支える市井の篤志家、政治や法律が動く前に社会の利益を考え自主的に改善する行動、スーパーやコンビニではなく多少の不便さを楽しむ心の余裕、見栄えも派手さもないけれど昔からある食事といった原点回帰の大切さが現代流に解釈されて、今の世代のみならず次の世代にもしっかり伝わる社会になって欲しいものですね。