天皇・皇后両陛下が徹底されたプリンシプル

天皇・皇后両陛下のご退位の行事に際し、人々が沿道に参集し、これまでの謝意を伝える光景には率直に心温かいものを感じました。皇室全体に対する敬意というよりも、両陛下の言動から香り立つお心の深さやご夫妻で支え合うお姿に、人々が強く心を惹かれているように私は思います。

昭和天皇は戦後憲法に基づく象徴天皇の在り方を模索され、厳しい自己規定を設けて任務にあたられたことが後に書籍などで語られています。新憲法という枠組み、天皇制や皇室に対する様々な国民感情のなかで、皇室伝統の神事と象徴天皇の国事行為を区分し、後者も保守的な言動にとどめる必要が避けられなかったようです。

これに対し、現在の天皇・皇后両陛下は、ご夫妻で行動をともにされ、国民の安寧を祈り、困難に寄り添うこと、全国の地域を支える市井の人々に敬意を表し、努力をねぎらうこと、そうした象徴天皇としてのプリンシプルを在位中ぶれずに実践されてきたようにお見受けします。そして、年月を重ねるにつれ、その表情や立ち振る舞いに共感と愛情の深さが増し、人々の心をより惹きつけているのではないでしょうか。

諸外国の指導・リーダー層は、使命・価値観・行動原則といったプリンシプルを堅持し、ぶれることなく行動することで信頼と評価を受けるといわれます。昨今、ビジネスや規制の世界でもプリンシプルという言葉を使いますが、ここでの意味はもっと根本的な価値観をいいます。自立した個人が多様性を織りなす社会や組織では、そうしたプリンシプルが求心力や団結力の源泉となります。

日本の社会は、政治(特にひどい)も地域も市民生活も、こうしたプリンシプルが理解されず、むしろその時々の状況に合わせて即物的、妥協的に物事を進めるのを善しとする傾向があると思います。武士道こそが日本人の心という意見もありますが、武士道は死を辞さない覚悟で忠義にあたるという閉鎖的・内心的な考え方ですから、指導・リーダー層のプリンシプルとは少し違うだろうと私は思います。

日本は皇室による国民への祈りと愛情で支えられている、両陛下への思慕もそうした歴史的価値観に由来するとTV番組で有識者が述べていらっしゃいました。しかし、私は、皇室全般ではなく、天皇・皇后両陛下が堅持された象徴天皇としてのプリンシプル、有言実行の姿勢こそが人々の心に伝わり、強い感謝の念に結実したのだと理解しています。

両陛下から、プリンシプルの大切さ、その堅持と実践がさらに魅力となって人々を感化することを学ばせていただきました。孔子の説く徳治主義の実践を見せていただいた気もします。31年間のお役目、お疲れ様でした。引き続き充実した日々を送られんことを心からお祈り申し上げます。