大相撲ナショナリズムへの疑問

元横綱・日馬富士の引責引退で事態が収束に向かうと思いきや、横綱・白鵬の言動への批判やモンゴル力士v.s.日本相撲界の対立構造を針小棒大に喧伝するTV番組が後をたちません。

横綱・白鵬が入浴後にモンゴリアンチームと書かれたジャンパーを羽織って部屋に向かったのは日本相撲界に対する一種の示威行為だ、その姿で記者の前を歩いたのは配慮に欠ける等々のコメンテーターの話には唖然とするばかりです。ここまでになると、もはや「いじめ」のレベルです。日本国民はいつからこんなにもケツの穴の小さな人間になったのでしょうか。ナショナリズムの強い政治状況と重なる異常な空気を感じるのは私だけでないと思います。

沈滞一途の大相撲人気を回復してくれたのは、故郷を離れ、苦しい稽古を乗り越え、日本相撲の文化になじもうと努力した外国人力士の功績によるところが大であるとこに異論はないと思います。青少年の年代で来日した若者達ですから、日本人の様式美や言動の暗黙知まで、ぴったり一致するわけがありません。日本人力士でも行儀の悪い人はいくらでもいます。そのなかで、外国人力士の皆さんは、よく頑張ってくれていると思います。

相撲は伝統的な神技であり、横綱は神の如く威厳ある存在であるべき、という意見があります。外国人に力士の門戸を開き、ここまで実績を築いてもらったのに、そんな観念論を振りかざしても得るものはありませんし、今の時代に合わせた大相撲を楽しめばよいと私は考えています。白鵬には白鵬の、稀勢の里には稀勢の里の、鶴竜には鶴竜の横綱スタイルがあってよいではないかと思うのです。日本人だけを正当化する窮屈なことを言っていると、大相撲のファンも激減するでしょう。

グローバル化は多様化への対応です。おそらく、日本人力士も育った環境や経験で価値観や行動様式は大きく多様化していると思います。それらを禁じたいならば、入浴後は浴衣で歩け、先輩から注意を受けているとはスマホをいじるな、と具体的に教え込まなければ無理な時代になったことを認識すべきでしょう。伝統を守れ、礼儀を知れ、模範たれ、というのは同質社会でこそ通用しますが、現在の状況でそれを強要する間は時代錯誤であり、個人の尊厳を脅かすものとなりかねません。ハンバーガーが嫌いなら、ハンバーガーを批判するのではなく、食べなければいいのです。

モンゴル人力士の言動を見ていても、私は違和感を感じませんし、皆さんよく頑張っていると思います。相撲文化に敬意を払い、相撲を愛する気持ちも言葉の端々から伝わります。特に引退した元横綱・日馬富士は、多忙のなか大学院で勉強に励み、ボランティア活動にも熱心で、日本人力士も少しは見習ってほしいと思うほど立派な生き方をしていました。相手に怪我をさせるほど叩いた行為はいけませんが、具体的な経緯や状況もわかってきて情状は酌めますし、実に惜しい幕引きをさせてしまい、日本人として恥ずかしく申し訳ないと思います。

そうした反省や後悔をふくめて、モンゴル力士v.s.日本相撲界の構図でのナショナリズム的言動は、少なくとも公衆がアクセス可能な場所からは撤退していただきたいと願います。自分と違うことに対して、日本人はもっと寛容であらねばならないと思います。今回の誤解と失礼を解消し、わだかまりのない両国の関係を次世代に引き継ぐことが大事ではないでしょうか。