コンプライアンス担当者の適正が試される不祥事ニュース

9月10日、正規の手続きを経ずに無断で横断歩道や道路標識を設置したとして、兵庫県警が男性巡査部長(56歳)を虚偽公文書作成・同行使や道路交通法違反(禁止行為)などの疑いで書類送検し、停職1ヶ月の懲戒処分としたことが報道されました。設置された横断歩道などは、手続きをやり直して今後もそのまま使うようです。

まず、コンプライアンス担当者は、所定の規則・手続どおりに処理できなかった不自然さに疑問を感じて欲しいですね。報道ではその背景・理由を「新たに来た上司が業務に非協力的だったのが不正の動機で、一人だけで手続するのが不安で、いやな仕事を後回しにし、あげく放置してしまった結果、正規の手続が取れなかった」と説明しています。

どうですか、職場の規則・手続違反に見られる要素が数多く読み取れますね。えっ、まだわかりませんか?  では、私の記事の読み方を披露します。

① 県警という組織の上位下達、威圧、閉鎖性が推測できます。威圧的、閉鎖的な組織は孤立と隠蔽につながります。県警のすべてがそうだと断言しませんが、民間企業に比べれば強烈な特性があります。

② 新たに来た上司が業務に非協力的、とあります。ボカした表現になっていますが、上司の性格、意地悪、業務多忙など、何らかの事情が推測されます。上司との関係が良好でありませんと、これも孤立と隠蔽を招きます。

③ 一人だけで手続するのが不安、とあります。56歳という年齢だけに、よけい周囲の後輩に質問したり協力を求めることが難しかったのでしょう。ベテランは仕事ができて当たり前、任せっぱなし、ということから、管理の死角を生むことが珍しくありません。

④ いやな仕事を後回しにし、あげく放置してしまった結果、正規の手続が取れなかった、とあります。簡単にはバレないと本人が感じる管理状況があったのではないでしょうか。違反状態を長期間放置し、口頭でごまかし続けていたものの、第三者による何らかのチェックで発覚するのがよくあるパターンです。

どうでしょうか。一見すると馬鹿げて思える不祥事も、人間の弱さと組織の怖さが折り重なって起こるべくして起きた必然の事態であることがおわかりいただけるでしょうか。皆さんの組織や職場で起こらない保証はどこにもありません。コンプライアンス担当者は、こうした何気ない報道にも注意を払って、社内に情報発信してください。世間を賑わす大事件もよいのですが、身近に感じられる情報は現場で喜ばれます。