現場の正論

神戸製鋼所の品質データ偽装事件、日産自動車・スバルの無資格検査事件の報道が益々熱を帯びています。様々な事実が新しく報道されていますが、本質的な部分では情報にあまり変化がないように感じます。

メーカーにおいてはこの手の不適正行為は昔からときどき聞きますし、冷や冷やして成り行きをみている企業も少なくないように思います。例えば、格段の精密度を備える製造方法による精密部品や高性能素材は別として、モノを作れば品質・仕様にバラツキが生じ、契約や図面で決められた許容誤差を微妙に超えてしまうことがあります。

でも、お客様の社内のテスト基準内には収まっている、廃棄すればコストが無駄になる、作り直すと納期に間に合わない、等々の事情が重なると、現場の中には正常品と偽って出荷してしまうケースも当然想定されます。なぜならば、現場の感覚では「だれも困らない」からです。

「誰も困らないのになぜ基準値厳守にこだわるのか」、「最新鋭の製造システム導入など経営の本格的な投資がないなか現場に無理を押し付けるのか」、「是正が必要ならどうしていままで会社は放置していたのか」といった現場の正論をどのように斬り崩すのか、コンプライアンス活動の実務では、大いに悩みます。ルールがあるのに守らないのはおかしい、といった学級委員のような発言では、事態は何も改善しません。

また、要資格者による作業が義務付けられているなかで、無資格の補助員がどこまで手伝ってよいのか、悩むケースも少なくありません。要資格業務のなかには、必ずしも専門知識や高度な熟練を必要としない作業もありますので、人手不足、納期厳守のなかで、運用がゆるむのも想像できます。やはり所管する行政が実務に即したガイドラインを発行しないと全国で一致した運用は無理だと感じるケースは多々あります。

しかし、世間には仕事の実質的な許容範囲はわかりませんし、形式違反があったか否かで評価します。神戸製鋼所グループのケースではJISの品質管理に満たない運用があったこと、日産自動車のケースでは資格者が無資格者にハンコを預けてしまったことが致命的だったと思います。

些細なルール違反は、大きな規律の緩みを招き、重大な不祥事につながります。ちょうど良い機会ですので、メーカー各社は「現場には現場の正論がある」ことを出発的として、現場が何に基づいて作業しているか、プラグマティックに実態を把握されてはいかがでしょうか。机上のコンプライアンスは百害あって一利なしです。